スポンサーサイト

  • 2010.06.12 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<囲碁>本因坊戦 山下天元が挑戦…3連覇目指す羽根に(毎日新聞)

 第65期本因坊戦リーグ(毎日新聞社主催)のプレーオフ、山下敬吾天元(31)と井山裕太名人(20)の対局が5日、東京・日本棋院会館で行われ、252手で山下が白番中押し勝ちし、羽根直樹本因坊(33)への挑戦権を獲得した。山下の本因坊挑戦は初めて。3連覇を目指す羽根との七番勝負の第1局は5月11、12日、北海道小樽市のグランドパーク小樽で行われる。

 今期のリーグは山下と井山が6勝1敗で並んだ。山下はリーグで井山を降し、プレーオフでも新鋭の本因坊初挑戦を許さなかった。

 山下は北海道旭川市出身。アマチュア強豪の菊池康郎氏に師事し、93年にプロ入り(初段)。七段当時の00年、碁聖を獲得した。03年、棋聖獲得により九段へ昇段。06〜09年、棋聖戦4連覇を果たした。他に、天元、王座各2期など、タイトル獲得・優勝回数は計16回。位を重視した力強い棋風で、平成囲碁界を代表する棋士の一人だ。

 羽根と山下はこれまで7大タイトル戦で4度対決し、結果は2勝2敗。【金沢盛栄】

 ◇七番勝負が楽しみ

 山下天元の話 リーグ戦の前半はまあまあでしたが、後半の内容は悪く、勝てたのは幸運でした。今日の碁も途中まではダメで、勝ちとわかったのは本当に最後の方。本因坊戦の七番勝負は初めてなので、楽しみです。

【関連ニュース】
囲碁:飛田さんが女流アマ選手権初優勝
囲碁:張栩が棋聖奪取 7冠制覇
民主党:小沢幹事長と菅副総理 囲碁対局実現に政界が注目
囲碁:プロ棋士の卵 厳しい修練に耐え、夢は世界トップ
囲碁:小5の藤沢里菜さんが棋士試験合格 史上最年少で

<国立がんセンター>収納ミスを隠ぺい 職員15人を処分(毎日新聞)
<天気>近畿、冷え込む 金閣寺も雪化粧 (毎日新聞)
<囲碁>挑戦権獲得目指し対決 本因坊戦リーグ最終戦(毎日新聞)
奇祭「強飯式」 日光市・輪王寺三仏堂(産経新聞)
ドライブレコーダー 全都営バスに導入へ(産経新聞)

雲仙火砕流 焼けたカメラ、記念館で公開(毎日新聞)

 1991年6月3日に発生し、43人の犠牲者を出した長崎県雲仙・普賢岳の大火砕流で、当時被災した報道関係者のものとみられるカメラ1台が同県島原市で見つかり、国土交通省雲仙復興事務所が26日、同市の雲仙岳災害記念館無料ゾーンで公開を始めた。

 カメラはニコン製の一眼レフFM2。レンズ部分がなく、高温で焼けた跡があり、一部は腐食している。製造番号は「7222463」。

 昨年7月3日に島原市北上木場町の砂防工事現場で作業員が見つけた。災害当時多くの報道陣が取材していた通称「定点」の近くだった。火砕流で犠牲になった報道関係者は16人いるが、所有者は不明。雲仙復興事務所はカメラの所有者、遺族が見つかるまで、カメラと一緒に見つかった無線機、バッグと共に展示を決めた。

 カメラは、土中の毎日新聞社の車の中にあった。取材中に火砕流に遭い死亡した毎日新聞写真部員、石津勉さん(当時33歳)が被災現場で使用していたカメラと同機種。毎日新聞は、発見されたカメラと、石津さんのカメラの製造番号を照合しようとしたが、毎日新聞側の記録が更新されていたため、石津さんのものと確認できなかった。【古賀亮至】

空自がメーカーに談合方法指南? 公取委が官製談合を認定(産経新聞)
兵庫・三田の女児虐待 継母を傷害致死罪で起訴(産経新聞)
日露戦争のロシア人捕虜弔う…松山(読売新聞)
携帯メール、ネットで一気にデマ拡大 竹下通りがパニック(産経新聞)
参院選公約に「国民の声」反映=4月からタウンミーティング−民主(時事通信)

メディア発言続ける=民主・生方氏(時事通信)

 民主党の生方幸夫副幹事長は24日朝のテレビ朝日の番組で、メディアで執行部批判を展開する自身の対応に党内から批判が出ていることについて「われわれは常に国民と対峙(たいじ)している。国民に向かって物を言うのは当たり前の話だ」と述べ、今後も発言を続けていく考えを強調した。
 生方氏は民主党の現状に関し「幹事長室に権限や財源が集中し過ぎている。政策部門を持たないのはおかしい」と指摘。小沢一郎幹事長に対しても「もう一度国民に(政治とカネの問題について)しっかり説明してほしい。説明した上で納得が得られないのであれば進退を考えてほしい」と重ねて要求した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

警視庁職員、電車内で女性教師に痴漢(産経新聞)
建設会社社長ら2人を逮捕=玉東町の入札妨害−熊本県警(時事通信)
事業者にアイデア募集 公園跡地で橋下知事(産経新聞)
容疑者拘束、日本政府も確認=情報提供要請へ−ギョーザ事件(時事通信)
山手線で架線トラブル=運転見合わせ−JR東(時事通信)

<新千歳空港>国際線ターミナルが26日開業(毎日新聞)

 北海道の空の玄関口・新千歳空港の新しい国際線ターミナルが26日、開業する。海外からの旅客増加に対応して、国内線ターミナルと分離。機内預け荷物の事前検査が不要となる「インライン検査方式」の導入や、入管や税関の審査台も増設されるなど混雑緩和が図られる。ただ、世界的な景気悪化の影響で旅客数減少に直面しており、旅客増に向けた課題も少なくない。【久野華代】

 新千歳の国際線利用客は、国内線と一体の既存ターミナルが開業した92年4月には約26万人だったが、台湾や香港での「北海道観光ブーム」を追い風に、07年には最多の約83万人まで膨れ上がった。

 出入国が集中する時間帯には1時間当たりの処理能力(200人)を大きく上回る5、600人が集中。チェックインカウンター前は荷物を満載したカートと人がひしめき合い、さらに1カ所しかない手荷物検査場の前にも長い列ができ問題になっていた。

 このため、国土交通省は新国際線ターミナルの建設を決定。08年5月、既存ターミナル西側の航空自衛隊千歳基地の隣接地に着工した。総工費は約206億円。二つのターミナルは、動く歩道を備えた約240メートルの連絡施設で結ばれる。

 建設に伴い、1月には空自千歳基地の機密保持を理由に制限されていた中国とロシア機の乗り入れ枠が広げられた。従来は認められなかった火曜にも離発着が可能になり、上海線が週3便から4便へ、7月からは北京線も2便から3便へ増える。また、ハバロフスク線の定期便化も予定されている。

 東アジアを中心に九つの空港と結ばれている新千歳。国際線利用者数は08、09年と続けて落ち込んでおり、乗り入れ制限や個人ビザ発給要件の緩和で、中国人客の増加が期待されている。

 北海道観光振興機構の佐藤誠之副会長は「制限緩和は前進だが、限られたスケジュールしか組めないことに変わりはない」と制限撤廃を要求。空港ビルを運営する北海道空港の岡眞則社長は「道内からもどんどん海外へ出かけていくというムードを盛り上げたい」と話している。

【関連ニュース】
貨物機炎上:事故から1年 成田で追悼行事
強風:首都圏も交通混乱 多摩川では枯れ草火災
スカイマーク:国交省、特別安全監査始める
気圧データ:誤発信 三宅島空港でも
スカイマーク:副操縦士を諭旨退職 飛行中にデジカメ撮影

被害者支援団体、国の協力訴え=担当相「意見取り込みたい」−地下鉄サリンでシンポ(時事通信)
日医会長選、立候補3氏が初の公開討論(医療介護CBニュース)
楽天開幕で空自編隊飛行、市民団体が中止要請(読売新聞)
<ホンダ>「スーパーカブ」2車種リコール(毎日新聞)
狩野選手に祝福の電話=首相(時事通信)

元書記官詐取の判決書偽造で上司に厳重注意(産経新聞)

 京都家裁と地裁は26日、架空の判決書などの偽造書類を使い約7千万円を詐取したとして、詐欺罪に問われ懲役11年の有罪判決を受けた京都家裁元書記官の広田照彦被告(37)=懲戒免職=の指導監督が不十分だったとして、当時の上司だった西村則夫・元京都家裁所長(現・大阪高裁判事)ら3人を厳重注意処分としたと発表した。

【関連記事】
元家裁書記官詐欺事件で懲役11年の判決 さいたま地裁
AKB内ユニット、“握手券”の盗難&偽造で握手会中止
偽装タクシー御用!ドア自動開閉できず、プレートも手作り
「法の番人にだまされた」元書記官の詐欺事件で被害者 さいたま地裁
供託金7千万円詐取の元家裁書記官、自首成立を主張 さいたま地裁

探幽の雲龍図と確認 京都・興正寺の掛け軸(産経新聞)
犠牲者10人の冥福祈る=「たまゆら」火災から1年−群馬(時事通信)
マンション入り口に男性遺体=腹に傷、殺人事件で捜査−大阪府警(時事通信)
<英国大使館別荘>栃木県へ譲渡 アーネスト・サトウが建設(毎日新聞)
星が盛んに生まれる銀河=初期宇宙の解明期待−国際チーム(時事通信)

<鶴岡八幡宮>「無事に育って」…移植の大銀杏を一般公開(毎日新聞)

 神奈川県鎌倉市の鶴岡八幡宮(吉田茂穂宮司)で18日、強風で倒れた大銀杏(おおいちょう)が一般公開された。午前6時の開門とともに参拝者が訪れ、樹齢1000年とされる神木の再生を祈った。

【写真付き関連記事】鶴岡八幡宮:大銀杏を植え直し 幹を切断、根の再生に期待

 大銀杏は高さ約30メートル、幹回り約6.8メートル。かつて源実朝を暗殺した公暁が潜んでいた「隠れ銀杏」と伝えられる。本殿に向かう大石段の脇に立っていたが、雪交じりの強風で10日朝、根元付近が折れて倒れた。

 八幡宮は、根からひこばえ(幼木)が芽吹くのを待つとともに、残った根の脇に幹の下部(約3.6メートル)を植え付け、幹が根付く可能性に期待。17日に植え付けが終了した。

 参拝に訪れた同市雪ノ下1、喫茶店経営の木村輝章さん(67)、ヒロ子さん(64)夫妻は「倒れた日は眠れなかった。移植したイチョウも新しいひこばえも、無事に育ってほしい」と話した。【吉野正浩】

【関連ニュース】
【写真付き関連記事】鶴岡八幡宮:大銀杏の植え付け作業終わる
鶴岡八幡宮:大銀杏倒壊 専門家「90%再生できる」 /神奈川
鶴岡八幡宮:大銀杏倒壊 再生へ3者検討組織を−−県教委・鎌倉市など /神奈川
鶴岡八幡宮:衝撃、大銀杏倒壊 吉田宮司、涙ながらに「つらい…」 /神奈川
鶴岡八幡宮:大銀杏倒れる…樹齢千年、実朝暗殺の舞台

【揺らぐ沖縄】「少数の反対意見、独り歩き」(産経新聞)
「三成に過ぎたるもの」佐和山城内堀は大型(読売新聞)
インスリン事件「3日続けて計3回」と供述(読売新聞)
桜 東京で開花 平年より6日早く(毎日新聞)
民主、5月末までにマニフェスト原案(産経新聞)

<厚労省>グループホーム防火体制の徹底、全自治体に通知(毎日新聞)

 札幌市北区の認知症高齢者グループホーム「みらい とんでん」で入居者とみられる7人が焼死した火災を受け、厚生労働省は14日、グループホームの防火安全体制の徹底を求める通知を全国の自治体に出した。焼けた施設は自動火災報知設備などが未設置だったが、「今回のような火災に一定の効果が期待できる」として、消防法施行令の猶予期間中(12年3月まで)であっても、速やかに設置するよう求めている。

 この施設は、消防法で年1回義務づけられている消火器などの点検報告を怠り、消火・通報などに関する消防計画も未提出だったとされる。厚労省は通知で、国がグループホームの運営などにあたって定めている基準通りに非常災害時の通報や避難体制が構築されているかどうか市町村に点検するよう要請した。【佐々木洋】

【関連ニュース】
厚労省:医師と歯科医師41人処分発表 免許取り消し3人
障害年金:障害者手帳所持者の受給少なく 厚労省が調査へ
卒業危機:学校納付金も融資対象に 厚労省
病児保育:10年度補助増額へ 小規模施設手厚く 厚労省
厚労省:「漢方」「はり」治療データ蓄積、人材育成を提言

トキのケージ、最初からテン侵入防げぬ設計施工(読売新聞)
鳩山首相、日米合意案容認「そんな事実まったくない」(産経新聞)
<谷垣総裁>参院選勝敗に進退かける考え示す(毎日新聞)
日本郵政 郵便局内の仕切り、撤去を開始(毎日新聞)
<将棋>16日から王将戦第6局 久保初の獲得か羽生粘るか(毎日新聞)

Dr.コトー 鹿児島の瀬戸上医師、定年再延長し“続投”(毎日新聞)

 離島医療に奮闘する医師の人気マンガ「Dr.コトー診療所」のモデルとなった鹿児島県薩摩川内市・下甑(しもこしき)島の手打診療所長、瀬戸上健二郎さん(69)が、地元の要望を受けて定年を再延長し、来年3月まで“続投”することになった。

 瀬戸上さんは鹿児島市の病院外科医長から78年、下甑村(当時)の手打診療所へ赴任。67歳となった08年3月に定年退職するはずだった。だが、続投を望む島民の声が強い上に後継者難もあって、市が1年更新・最大3年間の勤務延長を要請。2年連続で更新を引き受けていた。【馬場茂】

【関連ニュース】
<Dr.コトー>休刊「ヤンサン」からビッグコミックオリジナルに移籍 1000万部の大ヒットマンガ
<どうする地域医療>特集ワイド:’10シリーズ危機 医療/下 対談・鎌田實さん×足立信也さん
<どうする地域医療>上田市長選/上 地域医療 /長野
<どうする地域医療>時代を駆ける:村上智彦/1 地域医療再生託され、財政破綻の夕張に
<ことば>地域医療再生計画

携帯サイトに書き込まれた動機に「こんなくだらないことで…」怒る被害者 秋葉原殺傷(産経新聞)
ドラム缶2遺体事件の証拠紛失「捜査に影響ない」 大阪府警(産経新聞)
兵庫県副知事に総務省の金沢氏起用へ (産経新聞)
文京区長 育休取ります 自治体首長で初(毎日新聞)
外国人への子ども手当、23年度分で見直し検討 鳩山首相(産経新聞)

法人税減税に前向き=首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は12日夕、法人税について「大企業も中小企業も含めて国際的な標準を考慮しながら考えていく」と述べ、減税に前向きな姿勢を示した。首相官邸で記者団に語った。 

【関連ニュース】
消費税、社会保障目的に=首相「税率極めて低い」
11年度引き下げに意欲=中小企業の法人税
6月までに論点整理=税調小委
芸能プロ社長に有罪=3億円脱税
参院予算委の詳報

日弁連会長選・初の再投票、法曹人口争点に(読売新聞)
スーパーの豚肉に針金=1月には刺し身にも−滋賀県警(時事通信)
歯科技工士を続ける上での問題点、「低賃金」が最多(医療介護CBニュース)
サーブ機に車輪トラブル=ランプ不点灯、けが人なし−北海道(時事通信)
<トランスデジタル>元役員逮捕 架空増資容疑(毎日新聞)

原発利用を明記=温暖化対策法案に−鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は6日午後、政府が今国会に提出する予定の地球温暖化対策基本法案に関し、「原子力は、地球環境を守る、CO2(二酸化炭素)を減らすためには欠くことのできないエネルギーだと理解しているから、基本法の中でも位置付けていきたい」と述べ、原子力発電所の利用を明記する意向を示した。都内で記者団に語った。
 同法案については、社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相が「地球温暖化(問題の解決)のために原発を推進するというのは(考え方が)違う」と、「原発」の明記に反対する考えを示している。首相が法案に盛り込む方針を打ち出したことで、この問題でも閣内の足並みの乱れが露呈した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜

ペコちゃん“誘拐”17体、2府4県で被害(読売新聞)
<訃報>仙田理芳さん71歳=能楽師、金春流シテ方(毎日新聞)
野菜ネット販売会社 “農家の営業マン”育てます(産経新聞)
リンゴやミカン、果物の押し売り被害増加(読売新聞)
【from Editor】冷めた後の2人はどこへ(産経新聞)

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
リンク
ライブチャット
無料ホームページ
現金化
探偵社
探偵
selected entries
archives
recent comment
  • 布川事件、再審初公判は7月9日=3者協議で決定―水戸地裁支部(時事通信)
    リンデル (01/15)
  • 布川事件、再審初公判は7月9日=3者協議で決定―水戸地裁支部(時事通信)
    ガトリング白銀 (01/10)
  • 布川事件、再審初公判は7月9日=3者協議で決定―水戸地裁支部(時事通信)
    タンやオ (12/31)
  • 布川事件、再審初公判は7月9日=3者協議で決定―水戸地裁支部(時事通信)
    ナーマソフト (12/26)
  • 布川事件、再審初公判は7月9日=3者協議で決定―水戸地裁支部(時事通信)
    ゴンボ (12/17)
  • 布川事件、再審初公判は7月9日=3者協議で決定―水戸地裁支部(時事通信)
    ちょーたん (12/12)
  • 布川事件、再審初公判は7月9日=3者協議で決定―水戸地裁支部(時事通信)
    俊之 (12/04)
  • 布川事件、再審初公判は7月9日=3者協議で決定―水戸地裁支部(時事通信)
    ポコラーニャ (11/25)
  • 布川事件、再審初公判は7月9日=3者協議で決定―水戸地裁支部(時事通信)
    XXまるおXX (11/21)
  • 布川事件、再審初公判は7月9日=3者協議で決定―水戸地裁支部(時事通信)
    マクレーン (11/11)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM